本当の意味での借金地獄から脱出した時の涙

投稿日:2017年7月28日 更新日:

私はグレーゾーン金利がまだ普通に見過ごされていた時代に借金をしたことで、今でいう過払い金を多く支払っていました。

当時はサラ金ビルと呼ばれる、1階から5階まで消費者金融だけがテナントとして入っているビルがターミナル駅にはたくさんありました。

そんなお金を借りやすい状況の中で、私も1階から5階を往復するかのような、いわゆるサラ金地獄という借金地獄に陥っていました。

今でこそグレー金利という言葉を知りましたが、当時は返済に関しては何も文句は言えず、そもそも当時は返済しすぎているという感覚も全くありませんでしたので、これが普通なんだと思っていました。

本当の意味での借金地獄から脱出した時の涙
その消費者金融の借金は最大で450万円まで膨らみ、12年かけて苦労して返済しました。
スポンサーリンク

本当の意味での借金地獄からの脱出に向けて。

長い地獄の借金返済期間がちょうど終了する頃から、世間にグレーゾーン金利や過払い金というワードが徐々に知られてくるようになりました。

私にも過払い金があるのではと考えはしましたが、先述した通りお金を借りた身として、なかなか言い出せることではないとも感じていました。

今思えば、「払いすぎた利息というお金」も返しすぎていたために、今もそうですが、特に借金返済時は、なんとかお金を工面しようといつも非常に苦しまされていました。

借金が原因のコンプレックスとトラウマ。

借金したことは自業自得とはいえ、その為に多くの時間を犠牲にしましたし、何より借金が原因で婚約破棄になった悔しさがトラウマになっていました。

私は、そのトラウマがコンプレックスとなり、ただただ借金の返済のことだけを考え、人生を棒に振った12年間でした。

途中もしかすると借金返済できないのではないかと悩むこともありました。

ですので、完済した時には非常に達成感がありましたが、借金返済がなくなってもコンプレックスとトラウマにずっと苦しまされ続けてきました。

借金返済のコンプレックス

過払い金について専門家に相談するようになったのは、それからずっと後の話です。

過払い金の話題がしきりに出てくるようになった頃、一人の友人から過払い金を取り戻したとの話を聞きました。

ごく一部しか該当しない狭い範囲の中の話だと感じ、自分には全く関係ないと思っていたものが、意外と身近に該当者がいることにも驚きました。

そして何より過払い金が戻るというということが、実際に世間では当たり前になっていることにもまた驚きました。

私は過払い金を取り戻して本当の意味で借金地獄から脱出しようと思いました。

借金が原因のコンプレックスとトラウマに悩まされ、返済が終わっても人生の地獄はずっと続いていました。

私はその友人に、私と同じく借金の返済に関しては何ひとつ文句を言わない性格だったので、一体どのような方法を用いたのかが気になり、興味本位で聞いてみることにしました。

幸いにもその友人とは長い付き合いで仲も良かったため、借金の返済というデリケートな話でも詳細に話してくれました。

私は友人が過払い金を取り戻したという話しを聞き、過払い金の相談は難しいイメージがあったのが、実際には専門家に相談しただけで戻ってきたということを知り、初めは興味本位だったのが、徐々に私も払いすぎた利息を取り戻せるかもしれないという期待に変わってきました。

あれだけ苦しんだ返済、私の中でコンプレックスともなっている婚約破棄。

ガムシャラに働きまくった12年、苦しい思いも悔しい思いも、過払い金を手にして全て終わりにしようと思いました。

それが私の、「本当の意味での借金地獄の終わり」と思えたのです。

過払い金を取り戻してはじめて本当の意味で借金地獄から脱出となると思ったのです。

私も専門家に相談しようと決意しました。

具体的な相談先は友人に聞いていたため苦労しませんでしたが、いかんせんこのような相談の経験は初めてであるため、期待よりも不安が大きかったことを覚えています。

ただ、実際には驚くほど親切で物腰が柔らかく、分かりやすい説明や丁寧で迅速な対応が、私の不安をすぐに消し去ってくれました。

専門家は信頼されることが重要ということは認識していましたが、こんなにも鮮やかに信頼関係を築くことの出来る能力に驚かされながら、具体的な過払い金の解決策に入っていくことになりました。

借金の過払い金相談において、担当してくれた専門家から言われた言葉で、今でも忘れられないものがあります。

借金の過払い金相談

「今まで苦労してきた分、必ず過払い金を取り戻して楽になりましょうね」

そう言われた時は、当時の苦しかった借金地獄を思い出してしまい、つい涙が出てしました。

「私が必ず取り戻してあなたに貢献してますから、一緒に頑張りましょう」と言われた時は、私の地獄の人生を励まされているような気になりました。

なんとなくですが、専門家というのは専門用語をまくし立て、自分の言うとおりにやれば良いとか、顧客とはあくまで仕事上の付き合いであり、基本は無愛想なものなどというイメージを持っていました。

なので、まさかそんな「私の気持ちを汲んでくれる」などとは思っていませんので、私が運が良かっただけかもしれませんが本当に良い先生に担当してもらえました。

弁護士 借金相談

このような、借金問題の弁護士が見つかるシステムは便利なもの意外何ものでもありません。

肩の荷が一度におりたような気分でした。

実際の借金相談は・・・

私みたいな借金が原因で人生を不安に感じている相談者に対して、親身になって寄り添い、独りよがりではなく共同作業で協力しながら悩みを解決していくものだと認識し、完全にイメージが変わりました。

かといって馴れ馴れしすぎず、弱気になっているときは強めにアドバイスしてくれることもあり、こんな私に対しても真剣に向き合ってくれていると感じ、非常に嬉しかったし、希望が持てた時期でした。

結局、長い期間はかかったものの、法令で定められる最低限の過払い金を取り戻すことに成功しました。

これで本当の意味で借金地獄から脱出し、地獄のような人生からも解放されたように思えました。

何度も専門家の方にお礼を言ったものの、決して偉ぶることなく、頑張ったからですよとか、新しい生活への第一歩ですねなど、励ましや労いの言葉をかけてくれるばかりでした。

たまたま私の担当者が頗る良い人であったという可能性は否定できませんが、少なくとも専門家とはプロフェッショナルだとあらためて感じさせられ、また涙するほど親身になって相談に乗ってくれるものだと感じました。

明日香も相談した無料の借金相談

頑張って返済してますけど、病気や怪我など何かあると怖いので、いつでも電話1本でギブアップ(債務整理)できるように相談してあります。

街角法律相談所

匿名無料で専門家に借金相談ができます。
明日香は、相談しただけでも気持ちがスーっと楽になりました。

街角法律相談所を通じて、地元の弁護士事務所を紹介いただいて、無料で2回も相談してもらって、いつでも電話1本で駆け込める状態です。

アヴァンス法務事務所

任意整理のことならアヴァンス法務事務所へ

法定金利内1件から(少額の借金)にも対応してくれるアヴァンス法務事務所です。

借金の件数が少ない方や既に完済された借金の過払い金にも対応してくれたり、減額報酬0円で女性専用の窓口もあってキメ細かく親身な感じです。 東京キー局でCM放送中です。

弁護士相談ナビ

チャットタイプの無料借金相談(24時間)弁護士法人アドバンスです。

読者様に勧められて「債務整理の手数料は安いほうがいいから」ということで・・・料金システムとか比べたくて無料相談しました。 長々と(小一時間も)お話しを聞いてくれました。

-思わず泣いた借金相談体験談
-,

Copyright© 隠れ貧乏主婦の借金返済ブログ , 2018 All Rights Reserved.