親子二代の貧乏酒屋(小売り)の店じまい

投稿日:2017年3月1日 更新日:

今日、実家(古びれた酒屋)の父から、今年度3月で「店じまい」しようと思っているって連絡がありました。

父に「どうしたの弱気になって!」って、励ましました。

それに今やめられると、いろいろ困ることが出てくるので・・・。
スポンサーリンク

実家は、親子二代の貧乏酒屋(小売り)なんです。

父の代は、普通はコンビニに転業するものなんだけど、私が小学生の時に父の従兄弟がローソン始めて失敗してるので、そのまま「昔ながらの酒屋」のまんまで・・・。

昔からのお得意さんへの配達メインも右肩下がりで減ってきていて、お客も来ないし今は自動販売機とタバコ収入がほとんど。

商売して暮らしてるというより、年金で暮らしてるよねって感じの貧乏老夫婦の風情です。

それでも店は開けとかなくちゃいけないので大変だし、還暦も過ぎてるし跡取り(私?)もいないし、普通は「ごくろうさま」ってところなんだけど・・・。

夫がお金を出してるんです。

たぶん70万円ぐらいだと思う。

夫に父がお金を借りに来て、「明日香お前は黙ってろ」みたいな男同士の話しの感じで、4年前に70万円貸して返ってきてないと思う。

口座から70万円減っていたから金額を知っているんだけど、そのお金を夫が貸したのか、出したのか分からなくて・・・。

私から父に聞けないし、夫には余計に聞けない。

父も夫も、どう思ってるのか・・・。

私がこんなじゃなければな。

思い出深いこといっぱいあるお店だし、親に感謝もしてるので、私が夫に内緒の貯金の使い込み(借金)をしてなければ・・・。

夫に、「70万円の件は貯金があるからいいよねぇ」って負けてあげようって言えるけど、そのお金は私が使い込んでいるから言えないし。

夫がどういう行動をとるのか予測不能なことに困ってます。

それが引き金になって、モロモロのことがバレることを真っ先に考えてしまいました(今も考え中・・・)。

それに商売してた人が辞めると急に気が抜けるって聞くし。

けっこう親戚に商売してる人が多くて、隠居した途端に抜け殻のように亡くなっていくことが多いので(生きがいをなくすのかも・・・)。

個人商売してると最後みじめに思うのかも。

うちの親が寝たきりなんて20年早いつもりだし、老夫婦で仲良くタバコ屋さんやればいいのになって。

そうするのにも店の不良在庫が負債だから大変だけど、でも店じまいなんて言わずに済むから、そういことも含めて色々な意味で(夫、私のこと)父を励ましました。

それでも弱気な父でした。

お正月には「孫が学校を卒業するまで頑張る」って言ってたのにな。

確かにこの春に、息子が小学校卒業だけど・・・。

普通そう聞くと高校ぐらい卒業するまではの意気込みと思うので、ごくろうさまという気持ちより急な店じまい(弱気)にビックリでした。

と、書きながら、急ってことは急に店じまいしなくちゃならないぐらい貧乏赤字がどうしようもないのかなって思ったりして・・・。

続けるにもお金がかかるとか言われたら、どうしよう?それも困るし益々心配になりました。

明日香も相談した無料の借金相談

頑張って返済してますけど、病気や怪我など何かあると怖いので、いつでも電話1本でギブアップ(債務整理)できるように相談してあります。

街角法律相談所

匿名無料で専門家に借金相談ができます。
明日香は、相談しただけでも気持ちがスーっと楽になりました。

街角法律相談所を通じて、地元の弁護士事務所を紹介いただいて、無料で2回も相談してもらって、いつでも電話1本で駆け込める状態です。

アヴァンス法務事務所

任意整理のことならアヴァンス法務事務所へ

法定金利内1件から(少額の借金)にも対応してくれるアヴァンス法務事務所です。

借金の件数が少ない方や既に完済された借金の過払い金にも対応してくれたり、減額報酬0円で女性専用の窓口もあってキメ細かく親身な感じです。 東京キー局でCM放送中です。

弁護士相談ナビ

チャットタイプの無料借金相談(24時間)弁護士法人アドバンスです。

読者様に勧められて「債務整理の手数料は安いほうがいいから」ということで・・・料金システムとか比べたくて無料相談しました。 長々と(小一時間も)お話しを聞いてくれました。

-隠れ貧乏生活
-

Copyright© 隠れ貧乏主婦の借金返済ブログ , 2018 All Rights Reserved.