貧乏夫婦の喧嘩の元になった高級カップ麺レシピ

投稿日:

昨日、アルバイト先の居酒屋から高級カップ麺(魚介系)をもらって帰宅しました。

日頃は、近所のスーパーで5個までなら1個100円のノーマルカップ麺しか食べていない私にとっては、その高級カップ麺は次の日のお昼のプチ贅沢な楽しみと思ってました。

貧乏夫婦の喧嘩
なのに、夫が食べるというので・・・夫婦喧嘩の元になってしまいました。
スポンサーリンク

高級カップ麺レシピで夫婦喧嘩に発展しちゃいました。

正確にはレシピというより今思い出すと、お湯の温度の問題だと思うけど・・・。

夕べ、アルバイト先からもらった高級カップ麺を(隠し気味に)持って帰宅すると、夫に「何、それ?」と、見つかってしまいました。

貧乏生活で高級カップ麺を食べたことがないわけじゃなくて、うちでは高級カップ麺を買わないので(結局、貧乏節約ってことだけど・・・)夫にも珍しいということもあって、案の定「いいねぇ~」って(子供に)内緒で食べようぜ!となりました。

私も「え!!食べる?いいよ~、一口ちょうだい」ってことになり、カップ麺を渡して「作ろうか?」と聞くと・・・「大丈夫、自分でやるよ」って。

貧乏夫婦の喧嘩の元になった高級カップ麺レシピ

なので私も、バイト帰りの寒い夜道で冷えた体でお風呂直行を我慢して、先にカップ麺を一口食べようと思ってました。

貧乏でもそれぐらい知ってるでしょ・・・という感じでした。

私のやみくも節約が浸透して、電気ポットのコンセントをたえず抜く節電意識が家族に定着してるので、その時も夫が電気ポットの電源を入れてお湯を沸かしはじめました。

たぶん「夫は作り方を読まないだろうなぁ」って見てると・・・やっぱり普通に「赤いきつね」を作る感覚で、お湯が沸騰するまでの時間を利用して手際よく?カップ麺の支度をはじめました。

夫は案の定、赤いきつね感覚で粉末スープとかを全部先に入れようとしてたので(私もそれで失敗してます)。

「ちょっと待って!それ食べる直前だよ」って、私が「そんなことも知らないの?」という雰囲気で制止。

「あ?そうなんだ」という夫に、冷えた体と作り方を説明する面倒くささもあって、怒り口調で「書いてあるから読んで!!」と言うと、その私の口調で夫の機嫌が悪くなりました。

貧乏夫婦喧嘩
夫のその機嫌の悪さに、「私の明日のお昼なのに」って気持ちで私も機嫌が悪くなりました。

それで夫は、私が「作り方を読んで」と言ってるのに・・・読まずにとりあえずカップ麺の粉類はぜんぶ後入れの方針にしたみたいでした。

その時点で、高級カップ麺を美味しく作ることに失敗するなって確信した私でした。

スーパーで1個100円で安売りしてるカップ麺とかは、基本お湯を入れて3分待ってかき混ぜれば、途中で何があろうとも(何もおきないけど)味は一緒なところがあるけど、高級カップ麺って、いちいち麺を軽くほぐしてからなど出来上がりまで手順があるけど・・・。

貧乏生活のうちでは高級カップ麺なんて珍しいので、夫はその美味しく作る極意を知らないし、気にもしてないし、第一頑なに「お湯を注いで混ぜるだけ」と思ってます。

それはそれでいいんだけど、肝心のお湯さえも!

電気ポットのお湯の沸騰初期の音で、もうお湯が沸騰したと思った夫は、80度ぐらいにしか沸いてないお湯をカップ麺に注ぎました。

ちょっと前まではレンタルサーバーを使っていたので、カップ麺用のお湯を二度沸かしすることは知っている夫も、何故か電気ポットを知りませんでした。

貧乏節電する前はいつも沸いてたからかな。

私は「お湯沸くの早くない?」って思いました。

すぐ夫の隣に行って、カップ麺の蓋をあけて麺を揺らしてみると(水槽に固まってるおたまじゃやくしを動かす感じ)麺がいつまでもほぐれなそう・・・。

そこで私が「何でまだ沸いてないお湯を入れるの?」って、プチ夫婦喧嘩でした。

「ポット沸いてるだろ」って言う夫。

「それポットがお湯を沸かし始めた音だって!!」・・・呆れ気味の私でした。

夫は「水はいくら沸かしても100℃以上いかないんだよ」とか言い始めて、理科の話しじゃなくて目の前のカップ麺のお湯の温度のことなわけで・・・

私も私で更に怒り口調で「電気ポットに80と90のランプ何のためにあるの?」って(夫は知らなかったけど)・・・「だから作り方読んでって言ったでしょ」って、カップ麺レシピと電気ポットのお湯を混同させて言ってしまいました。

夫も夫で「カップ麺の作り方に、電気ポットの使い方まで書いてあるのか?あ??」って、無茶苦茶な方向に口げんか。

いま思えば、必死な貧乏夫婦でした。

いつまでもほぐれなそうな麺を前に、口喧嘩にまでなって・・・今なら笑えるけど結構必死でした。

必死な貧乏夫婦

「どうしてくれるのよ~この見切り発車」感の私でした。

どうすんのこのリボ払いをため込んだ一括払い感とか、そんな感じ。

でもカップ麺なら、今ならやり直せると思った私。

「お鍋で麺だけ茹で直そうか?」と夫に聞くと、・・・基本的に根本的なところで「カップ麺はお湯を注いで混ぜれば味は同じ」って思い込んでいるらしく、今さらと思ったようでした。

ぶっきら棒に「堅麺で丁度いいよ」って、夫の好みのカップ麺の焼きそばの麺固め感覚になってました。

そう言われる、もう貧乏主婦には贅沢な高級カップの麺(おあたまじゃくしのように水槽に固まってる麺)の完成を見守るしかなくて、私も半分諦めて「任せたよもう~」って感じでした。

そうして夫婦喧嘩にまで発展して出来上がった高級カップ麺です。

途中の手順一切なしで、全然ほぐれていない麺を無理やり箸で千切るようにほぐして短麺になったし。

とにかくもう後戻りする気のない夫は、ぬるいお湯に強引に魚介粉末スープを溶かして、練りスープも混ぜ合わせて・・・。

最後に残った乾燥ネギは捨ててまで、力ずくで完成させた高級カップ麺。

麺に芯が残っていて・・・やっぱり(すごく)不味かったです。

「ダメだな、やっぱこういうのは」って言う夫に、「ダメなのはあなたでしょう」と思ったけど。

カップ麺どうのこうのというより、電気ポットのお湯の問題だし。

失敗作で、夫は私に悪く思ったのか・・・。

「今度、買ってきてくれ」とリベンジモードでした。

一応、夫は料理する男の人で、手間隙かけて作るので美味しいです(焼く、炒めるだけだけど)。

でも簡単に「今度買ってきてくれ」と言われても、それを簡単に買えない(買う気がしない)から隠れ貧乏主婦には高級カップ麺たるところなのに。

ささやかなプチ贅沢を奪われて、今日のお昼に食べた100円カップ麺やっぱり慣れ親しんだ味で、それはそれで美味しかっです。

今夜のアルバイト先で、高級カップ麺ひとつで夫婦喧嘩にまでなった貧乏っぷりを、さっそく笑い話にしてもらうつもりです。

明日香も相談した無料の借金相談

頑張って返済してますけど、病気や怪我など何かあると怖いので、いつでも電話1本でギブアップ(債務整理)できるように相談してあります。

街角法律相談所

匿名無料で専門家に借金相談ができます。
明日香は、相談しただけでも気持ちがスーっと楽になりました。

街角法律相談所を通じて、地元の弁護士事務所を紹介いただいて、無料で2回も相談してもらって、いつでも電話1本で駆け込める状態です。

アヴァンス法務事務所

任意整理のことならアヴァンス法務事務所へ

法定金利内1件から(少額の借金)にも対応してくれるアヴァンス法務事務所です。

借金の件数が少ない方や既に完済された借金の過払い金にも対応してくれたり、減額報酬0円で女性専用の窓口もあってキメ細かく親身な感じです。 東京キー局でCM放送中です。

弁護士相談ナビ

チャットタイプの無料借金相談(24時間)弁護士法人アドバンスです。

読者様に勧められて「債務整理の手数料は安いほうがいいから」ということで・・・料金システムとか比べたくて無料相談しました。 長々と(小一時間も)お話しを聞いてくれました。

-隠れ貧乏生活
-,

Copyright© 隠れ貧乏主婦の借金返済ブログ , 2018 All Rights Reserved.