借金苦と病気の二重の苦しみから解放してくれた一言

投稿日:2017年8月10日 更新日:

私は幼いころから体が弱く、病院通いばかりしている子供でした。

成人してからもそれは変わらず、なかなか体は良くなりません。

大学を出て就職はしたものの、体調が悪い日にはどうしても休みがちになり、厳しい社会では私の病気など一切考慮されず、ついにはクビ同然で辞めることになってしまいました。

しばらくの間は貯金で頑張って生活していたのですが、どうにもできずに困ったのが病院代です。

診察料に検査費用、薬の代金と、毎週のように通う病院のおかげで生活は苦しなり、貯金もつきました。

借金苦と病気の二重の苦しみから解放してくれた一言
そして手を出したのがカードローンでのキャッシングです。
スポンサーリンク

この病気と治療費が私の借金苦の原因でもあります。

すでに持っていたカードローンから病院代の代わりにと思い20万円を借りました。

キャッシングは、以前の私が思っていた以上に簡単に借りることができて、その簡単さから罪悪感もありませんでした。

借りるのはいいけれど病気で働いていなから借金返済できない。

会社からはクビ同然に解雇された私で、そんな返済能力のない私にもカードローンは最初は優しかったのです。

20万円を借りたその毎月の返済も、同じカードローンから借りて返済しました。

次に病院代に困ると再度30万円のキャッシングをし、カードローンの借金を返すためのキャッシングと同じことを繰り返し、半年も経つとカードローン残高は100万円を超えていました。

優しかったカードローンの怖さを知りました。

ついにはカードローンの限度額まで借りきってしまった私は、無情にもこれ以上の追加融資はできない状態になっていました。

また病気で働けないでいましたので、他社のカードローンを作って借り入れをして凌ぐということもできませんでした。

借金額は124万円、一銭も返済できない状態に陥りました。

借金と病気の二重苦

加えて病気の状態も一向に好転する兆しが伺えず、もともと長期の闘病で弱っていた精神状態は、借金と病気の二重苦となり悪化するばかりでした。

そんな状態が続き、カード会社からも督促の連絡ばかりが増えるようになってしまいました。

なんとか働いて返済しようにも、せっかくの求人も長いブランクがあり、また運よく面接までたどり着き好感触を得ていても、闘病歴のことを説明すると採用されることはありませんでした。

父はすでに亡くなり、実家はすでに弟が継いでいて、母もそこでお世話になっている状態です。

身内に頼れる人も居なく、また友達関係にはお金の相談はできませんし、本当に誰にも借金の苦しみを言うことができずに辛い日々が続いていました。

毎日のようにかかってくるカード会社からの督促の電話でノイローゼ気味になっており、自分自身でも思考が追い詰められている自覚もあり、このままではもう精神状態も限界で、生活も立ち行かないと思い、私は市が行っている無料相談会で専門家に相談してみることにしました。

無料の借金の専門家に相談しました。

私一人では借金の相談先は見つけることができなかったと思います。

たまたま無料で配布されている市報を読んでいて、そういった相談会があること知ったのです。

とにかくその時には、何でもいいから借金苦から助け出して欲しいという気持ちしかありませんでした。

専門家に相談してみようと思えたのは、その相談会が無料だったからです。

私の経済状況では、いきなり有料相談に行くことはできませんでした。

正直に言えば専門家といえど、どのぐらいきちんと話を聞いてくれるか判らないという不信感もありました。

病気と借金で精神的に苦しんでいる状態では、他人を信用することはとても難しいものです。

どうせ無料だから、適当に話を聞いただけで帰されるかもしれないとも思いました。

しかしあの時、市の相談会に思い切って行ってみて、債務整理等、相談結果を出したことが私の人生を上向かせるきっかけになりました。

借金問題の専門家の先生はとても優しい印象の方でした。

まともに働くこともできずに、借金苦に喘いでいる現状を笑われるかもしれないとすら恐れていたのに、ごく普通の顔で応対してくれる先生に私の緊張が薄れました。

話を聞いて頂いたところ、私の場合はやはり債務整理をしたほうがいいのではないかとのことでした。

確かに現状の借金を綺麗に精算しないことには生活は行き詰ったままです。

病気も借金苦を加えた二重苦となっていましたので、借金返済の問題だけでも解決すれば精神的にも体調も安定して落ち着くのは判っていました。

ですがその方法が分からず、提案された債務整理という選択肢は自分では思いつかないものでした。

借金返済の問題

「きちんと整理して、また頑張りましょう」

と、先生は優しい語り口で、私の背中を後押ししてくれるように言ってくれました。

思わず泣きそうになってしまったのをよく憶えています。

その一言は、後の私の人生を解放に向かわせる一言となってくれました。

私は自分が抱える病気と借金の両方の苦しみを「きちんと整理して、また一から出直そう」という気持ちになれたのです。

私にとってターニングポイントは、あの借金の無料相談に行くという決意だったと思います。

債務整理の手続きを専門家にお任せすることを決めれば、あとはそれほど難しくありませんでした。

今では無料で相談できるところがたくさんあります。

やはり、借金の問題はプロにお任せする事が一番の方法だと思いました

弁護士 借金相談

それからは、借金に苦しむことはありません。

月々の返済額が減り、何よりストレスが減ったおかげで体調も落ち着き、やっと長時間の仕事もできるようになりました。

病気と借金の二重苦だった私は専門家に相談して良かったと思っています。

あの時に相談していなければ、今の私はいなかったと思っています。

明日香も相談した無料の借金相談

頑張って返済してますけど、病気や怪我など何かあると怖いので、いつでも電話1本でギブアップ(債務整理)できるように相談してあります。

街角法律相談所

匿名無料で専門家に借金相談ができます。
明日香は、相談しただけでも気持ちがスーっと楽になりました。

街角法律相談所を通じて、地元の弁護士事務所を紹介いただいて、無料で2回も相談してもらって、いつでも電話1本で駆け込める状態です。

アヴァンス法務事務所

任意整理のことならアヴァンス法務事務所へ

法定金利内1件から(少額の借金)にも対応してくれるアヴァンス法務事務所です。

借金の件数が少ない方や既に完済された借金の過払い金にも対応してくれたり、減額報酬0円で女性専用の窓口もあってキメ細かく親身な感じです。 東京キー局でCM放送中です。

弁護士相談ナビ

チャットタイプの無料借金相談(24時間)弁護士法人アドバンスです。

読者様に勧められて「債務整理の手数料は安いほうがいいから」ということで・・・料金システムとか比べたくて無料相談しました。 長々と(小一時間も)お話しを聞いてくれました。

-思わず泣いた借金相談体験談
-

Copyright© 隠れ貧乏主婦の借金返済ブログ , 2018 All Rights Reserved.