相談が苦手な性格が借金返済の問題の仇となりました

投稿日:2017年8月1日 更新日:

私は、サラリーマンをしており、妻と子供が二人の4人家族です。

収入はある程度あるため、妻子を養っていく上で、贅沢をしなければ生活費に困ることはありませんでした。

しかし、5年前ぐらいから仕事でうまくいかないことがよくあり、また普段の業務の忙しさ等からストレスがとても溜まることがありました。

その時に家族に自分が悩んでいることを相談すればよかったのですが、私は子供の頃から人に相談することが苦手で、妻にも仕事での悩みを相談できませんでした。

相談が苦手な性格が借金返済の問題の仇となりました
このことが私の借金返済の問題の解決を遅らせてしまいました。
スポンサーリンク

相談が苦手な性格が借金返済の問題の仇となりました。

物事を相談するということが苦手な私は、仕事の忙しさでストレスが溜まっていることを妻に相談することができませんでした。

自分の問題は自分で解決するべきで、頼るべきは自分だけという気持ちも強かったと思います。

そんな私の唯一のストレス解消方法がスマホのゲームでした。

これが私の借金の原因です。

最初は無料でできる範囲でゲームをしていましたが、ある時ゲームに課金をしました。

少しだけと思っていたのですが、気が付けば多額のお金をゲームにつぎ込んでいました。

借金の原因はスマホ課金ゲーム

1年後には借金返済できない状況になっていました。

家計の管理は私がしていましたので、ストレス解消に課金ゲームにハマっていることは妻に知られることはなかったのですが、気が付けば貯金に手を付け、最後にはカードローンから生活費を借りるまでになっていました。

借金をしていることも家族に相談できず、さらにストレスが溜まりまた課金をし借金をする。

この負の連鎖が私を苦しめ、1年後には最終的に借金返済できない状況になっていました。

誰にも相談ができない私は、借金の返済と生活費を何とかしなければならないプレッシャーに圧し潰されそうになりながらも、何とか仕事には行っていましたが、家族の前では平静を装っていました。

そんなボロボロの状態になっても、妻には借金の相談ができずに一人悩んでいました。

そして私は、知らず知らずのうちにインターネットで借金の返済について調べるようになっていました。

専門家の力を借りて、一度借金の問題を解決しようと思いました。

休日のある日私は、漠然とした思いでインターネットで調べた司法書士事務所の建物の前に行きました。

しかし借金の相談先の司法書士事務所の前に行ったその日、私はその事務所に入ることができませんでした。

やはり、相談ができない性格が仇となり、私自身が事務所に入ることを拒んだのです。

週末の休みの度に、その事務所の前に来ては、相談できずに帰ってしまう日が4ヶ月近く続きました。

その間も借金は減らないどころか、ますます返済が苦しくなっていきました。

気がつけば借金の相談に足を運んでいました。

事務所の前に足を運んでは相談できずを繰り返していた私が、また同じように事務所の前に立っていると、建物の中から男性が出てきて私に声をかけました。

「事務所に御用ですか?」

そう聞かれた私は動揺し、一瞬どうしようか考えましたが、気が付けば「はい」と、頭を縦に振っていました。

「あぁ、そうですか。それでは中へどうぞ」と男性に言われ、気が付けば私は事務所の中に入って、借金の相談をしてしまいました。

相談料は無料で、その日は資料を持っていなかったので、簡単に借金の顛末と借入先、借金総額と毎月の返済額などを話し、資料をもって後日また来るように言われました。

あれだけ相談することが苦手で躊躇っていた私ですが、たったこれだけ相談にもなっていない会話に心が救われました。

私のような性格で借金返済の問題を、ひとりで抱え込んでいる方には、インターネットで相談することもできます。

債務の問題を無料で相談できるのはコチラです。

弁護士 借金相談

ひとりで抱え込むほど辛いことはありません。

次の休みの日、私は資料をもって債務整理を覚悟して事務所に行き借金の相談しました。

相談の結果、債務整理や自己破産をすることはなく、借金を一つにまとめることになりました。

私は債務整理を覚悟しての相談でしたので、その1歩手前で踏みとどまれたという思いで安堵しました。

そんなギリギリの気持ちを張り詰めさせた相談の中で、司法書士から「相談することは恥ずかしいことではないですよ」と言われ、思わず涙が私の頬に流れました。

借金の問題を一人で抱えて限界

今思えば、借金の問題を一人で抱えて限界だったのだと思います。

他人が聞けば当然のことで、涙を流すほどの言葉ではないかもしれません。

しかし、子供のころから、相談できない性格だった私は、その性格によって自分を苦しみ続け、最終的には借金で生活が回らなくなっていました。

そんな私にとって、司法書士の「相談することは恥ずかしいことではないよ」という言葉は、私自身の性格で自ら苦しみ続けた私自身を開放してくるような気がしました。

司法書士に相談した後、私は借金のことを妻に話ました。

妻はきっと怒るだろうと思っていた私の予想に反し、妻は逆に「何も気が付かなくてごめんね」と言ってくれました。

相談できない自分の性格が仇となって借金返済の問題を遅らせてしまったばかりではなく、自分だけが苦しむのではなく家族も傷つけるのだと初めて気が付き、これからは一人で抱え込まず、なんでも家族や専門家などに相談しようと思いました。

そう思えるようになった今、私と家族のつながりをより強くしています。

これを読んで一人でも借金に悩む方が減ること、相談できずに一人で悩んで苦しむ方が減ることを望みます。

明日香も相談した無料の借金相談

頑張って返済してますけど、病気や怪我など何かあると怖いので、いつでも電話1本でギブアップ(債務整理)できるように相談してあります。

街角法律相談所

匿名無料で専門家に借金相談ができます。
明日香は、相談しただけでも気持ちがスーっと楽になりました。

街角法律相談所を通じて、地元の弁護士事務所を紹介いただいて、無料で2回も相談してもらって、いつでも電話1本で駆け込める状態です。

アヴァンス法務事務所

任意整理のことならアヴァンス法務事務所へ

法定金利内1件から(少額の借金)にも対応してくれるアヴァンス法務事務所です。

借金の件数が少ない方や既に完済された借金の過払い金にも対応してくれたり、減額報酬0円で女性専用の窓口もあってキメ細かく親身な感じです。 東京キー局でCM放送中です。

弁護士相談ナビ

チャットタイプの無料借金相談(24時間)弁護士法人アドバンスです。

読者様に勧められて「債務整理の手数料は安いほうがいいから」ということで・・・料金システムとか比べたくて無料相談しました。 長々と(小一時間も)お話しを聞いてくれました。

-思わず泣いた借金相談体験談
-,

Copyright© 隠れ貧乏主婦の借金返済ブログ , 2018 All Rights Reserved.